CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Barn
Barn (JUGEMレビュー »)
Fi McGhee, John Pawson

これは大好きな写真集です。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ライトアンドプレイス湿板写真館です。

幕末写真 明治維新の古典技法湿板でポートレートを御撮りします。





タイトルページではリンク設定ができないのでHPへは 
記事の右側のPosted by lightandplaceをクリックするか

http://www.lightandplace.com/をコピーしてお使いください。


Copyright Takahiro Wada. All Rights Reserved.
2020年 元旦

新年のおよろこびを申し上げます。

よき新年をお迎えのことと存じます。

ライトアンドプレイス湿板写真館 よろしくお願いします。

 

 

| - | 19:07 | comments(0) | - | - | - |
令和元年、明治なカップルが来店です。

令和元年最後にとっても明治なカップルがいらっしゃいました。

お客様K氏のご厚意で写真を載せさせていただきました。

感謝です。
「スタイリングいってんきもの想庵」

ライトアンドプレイス湿板写真館

| - | 09:08 | comments(0) | - | - | - |
チコっとスペシャルに当店のカメラが映りました。

 

12月10日午前2時45分〜 午前2時55分
チコっとだけスペシャル「写真撮影、なぜ“ハイチーズ”?」
に当店のカメラと名前が出ました。

 

| - | 10:24 | comments(0) | - | - | - |
飛鳥山博物館 肖像撮影体験!―150年前の写真技法で写ってみよう

 

 

 


 

今回のスタッフ、田村さん、私、菊池さん

 

写真提供 オモカメワールドアサイ様

 

飛鳥山博物館の秋季企画展

「古写真はわたしたちに何を伝えるのか?

―写された幕末・明治の北区の名所―」

の企画肖像撮影体験!―150年前の写真技法で写ってみよう

は好評で終了しました。お足をお運びいただいた方々

飛鳥山博物館の方々、お手伝いしてくれた方々ありがとうございました。

 

12月15日まで企画展は開催していますのでどうぞお足をお運びください。

 

飛鳥山博物館

 

「個人情報が含まれているので仕上がりは割愛させていただきました。

 

 

| - | 12:39 | comments(0) | - | - | - |
令和の幕末写真、番頭風

 

来年から一回り大きい8x10サイズを開始します。

今日はそのテストをしています。

いつもお世話になってる河野さんを明治時代の番頭さんふうに

仕上げてみました。

令和元年の大福帳をお持ちです。

 

| - | 15:35 | comments(0) | - | - | - |
週間カメラタイムズに掲載されました。

 

週間カメラタイムズの市川先生の業界散歩に掲載されました。

| - | 10:30 | comments(0) | - | - | - |
ペッツバルのテスト 明治維新風湿板写真

先日来たペッツバールレンズのテストをしました。

8x10サイズカバーします。

形は似ているけどダルメイヤーの3BのOEMではなさそうです。

もっと収差がきつくそのくせあおると四隅までピントが来ます。

うちの看板のレンズと似ていて癖玉です。

私の薬品と相性は良くいい感じに明治維新風に持っていけます。

じょぶれいの野呂社長がアンテーク着物でテストに応じてくれました。

いってんきもの想庵さんの紹介です。

斑をだして博物館に飾ってる武士感を出してみました。

このレンズは独特のコントラストです。

アンティーク着物は黒に赤いドットも判別できます。

現在の生地の赤は出ない場合が多いです。

こちらはまたいってんきもの想庵さんの

アンテーク着物、花嫁衣装でしょうか

こちらはストレートに撮影しました。

顔と足にピントが着ておなかがぼけるので

あおって顔と胴体にピントを合わせて足はぐるぐるボケになりました。

 

追、同じ年代の収差がないレンズも買い足しましたので

次回から足までピントも大丈夫です。

テストはまた後日に、、まだまだテストが必要ですね。

 

ライトアンドプレイス湿板写真館http://lightandplace.com

 

 

| - | 13:37 | comments(0) | - | - | - |
ノーネームペッツバールレンズが来ました。

前から海外の方用にもっと大きいサイズの写真をと言われていました。

しかし、うちの写真館は明治時代を意識して90年以上

できれば100年以上昔のレンズを使って当時の写真を再現したいと思っています。

大きいサイズを作るにはイメージサークルの大きいレンズを買わねばならず、

とても高価でうちでは早急には無理だと思っていました。

あと、ガラス板なので飛行機に乗る場合手荷物で持って行ってほしいので

あまり大きいのもどうかと思って一回り大きい六つ切り

「8x10」と言われているサイズを作ろうと考えていました。。

 

湿板を初めて5年、どうにか買える値段の大きいペッツバールレンズが偶然手に入りました。時代は古いと思います。

ペッツバールレンズはメーカ名やシリアルナンバーのないもの、いつ何本作られたかもわからないものが多く

実際に撮影して気に入る画質かを探す楽しみもあります。

ノーネームはメーカーがはっきりしているものより廉価で売られているものがあり

名レンズのOEMも多く存在しています。

実際うちには奈良の写真館から来たレンズがエルマジーNo7とそっくりで

画質も私には違いが分からないものがあります。

今と違い手作業で作られているので同じ手間で作られています。

 

どの名レンズのOEMかは実際に撮影して検証していきたいと思います。

10月には8x10をと思っていたのがまた遅れてしまいましたが

年内には8x10サイズを始めたいと思います。

 

ライトアンドプレイス湿板写真館

 

 

| - | 17:10 | comments(0) | - | - | - |
SP版

 

 

今日はお休みなのでSP盤を聞いています。
昔のオーディオは一部にレコードだけでなくSP盤も聞ける
物があります。ダイヤモンド針ですが
ジャズ喫茶のマスターから一円玉をカートリッジに乗せると多少音が良くなるかもと聞いてやってみました。
SP専用とまではいきませんが十分よい音です。

ラジオもレトロな音です。

 

ライトアンドプレイス湿板写真館

| - | 10:19 | comments(0) | - | - | - |
古写真は私たちに何を伝えるのか?秋期企画展が始まります。

26日より飛鳥山博物館にて古写真は私たちに何を伝えるのか?秋期企画展が始まります。

ここで当社は1866から1910年まで製造された

明治期の日本の写真師たちがこぞって使ったと言われてるタイプのレンズで

湿板撮影法という当時の撮影技法で公園内を撮影しました。昔の撮影を検証しました。

また11月30日には幕末の技法で肖像撮影も行います。詳しくは飛鳥山博物館ホームページをご覧下さい。

| - | 23:56 | comments(0) | - | - | - |