CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Barn
Barn (JUGEMレビュー »)
Fi McGhee, John Pawson

これは大好きな写真集です。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日々雑感  「Perfect love」Copyright Takahiro Wada. All Rights Reserved.
湿板写真館です。明治維新の古典技法湿板でポートレートを御撮りします。http://lightandplace.com/


マイベストオールドレンズ

8月30日発売のオールドレンズライフ6

表紙撮影&あの人の愛用オールドレンズ、大公開!

で湿板写真館が掲載されます。
同業者に探そうとしても見つからないといわれた

うちの看板レンズのこと書きました。よろしくお願いします。

| - | 11:58 | comments(0) | - | - | - |
新しくて古いレンズ。

某廃業写真館に有ったロンドン製のレンズを手に入れました。

土日にテストしようと思います。

これもかなり古いものだと思われます。ピータースと書いてあります。

ネットで調べても出てきません。今でいうOEM?

19世紀から20世紀初めいろいろな国や町で

同じ設計のレンズが作られたと聞いています。その1本でしょう。

家にもう1本ハンブルグと書いてあるエミールブッシュ?のコピーもあります。

 

当時アメリカに写真館は州に何軒ぐらいしかなく

それに比べ日本は、小さな町にも写真館がありすごい数のレンズが入ってきたと言います。

そういうものが忘れられてて、お店の解体とかのときに出てくるそうです。

 

写真館に有ったのでそんなに悪いものではないと思います。

断定的ですが135mmから150mmくらい、明るさはわかりません。

2Fの新しいスタジオは1Fより狭いのでちょうどいいかな。

週末が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

| - | 15:41 | comments(0) | - | - | - |
明治、大正風、

スタイルから入ると良いといわれてますが、

スタジオに明治、大正時代のポスターを飾ってみました。

| - | 18:06 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
自然光スタジオ計画、

うちのスタジオの2Fは吹き抜け窓や大きい窓があり

湿板写真にぴったりだという。

 

先日もカメラの修理をお願いしてる長岡製作所の長岡さんが

届けに寄ってくれて、昔札幌でお役所の事業で昔の湿板写真館を復元したことがある。

それと見比べて、1Fより2Fのほうがふさわしいと言ってました。

 

ただ夕方に来るお客様が多くそして自分独自のライティングで撮りたいので

1Fでいつも撮影している。

 

撮影6秒というのはやや緊張して

お客様の一番良い表情がでると思っているのですが

 

開業時からよく猫や子供と一緒に撮影をしたいという問い合わせが多く

最近撮影時間を短縮しようかと

日中だけ2Fで撮影しようかと思いお盆休みに整理して準備をしている。

快晴 F4相当で2秒!エルマジー

 

今日いろいろパターンを変えて撮影したのですが

モデルの方と一緒に見比べて

自然光だけだと素晴らしくトーンは出るけれども、今の写真っぽい。

でいつものブラックライトと併用したのがいいなあという事になった。

 

ブラックライト+曇りでF4相当で3秒。エルマジー

自然光ミックスのバランスを整えるにはまだ時間がかかります。

 

写真は、ライティングが命と親方から叩き込まれた自分がいます。

「グラデーションをいかに出すかではなくどこを出してどこをつぶすか」

 

これを制覇できれば、外の撮影も怖くはないかも。

一つ一つゆっくりこなしていこうと思います。

オリンピックまでにはどうにか??・

 

スタジオを作ったコンセプト、双璧の光

1F2F違う光よろしくお願いします。

 

 

 

 

| - | 17:43 | comments(0) | - | - | - |
巨匠KING佐野篤様ご来店です。


巨匠KING佐野篤様がお見えになりました。

 

佐野様FACEBOOK

| - | 21:40 | comments(0) | - | - | - |
大正初期アンソニー2号機帰ってきました。

長岡製作所製造のアンソニー2号機修理から帰ってきました。

取りに行くと日本最後の木製カメラ修理名人お店の前でニコニコした顔で出迎えてくれました。

大阪でも直していただいたカメラの活躍を報告して帰ってきました。

 

これは今年の2月の1周年にデビュー予定で購入したのですが痛みが激しくゆっくり直していただきました。

前板がライジングする比較的新しい物で亡くなった先代が大正の初めごろに作られたモデルだそうです。

大正で新しいとは、、、、、、ですが、

 

田中長徳様が来店したときにもお話ししたのですが

立原と、長岡の使えるパーツを組んでニコイチで組んでもらってると

長徳様に日本カメラの記事にしていただいたものです。

 

実際には、また私がオークションで落としたフイルムホルダーも付く様にしてもらったので

サンコイチで実働になると思います。これから無くしてしまったレンズボードを自作です。

「もう頼むお金はない」

 

追、、このカメラをリサイクル業者から譲り受ける時ホルダーの中に遺影用?に記念写真を複写したネガが出て来て

一人の顔をペンで四角くトリミングしてあり

皆スーツでメガネなので一瞬や.ざかと思って鳥肌が立ったのを覚えています。

 

そのうちお披露目出来ると思います。

 

 

| - | 13:17 | comments(0) | - | - | - |
2016 暑中お見舞い申し上げます。

| - | 12:54 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
1859 年のアンブロ

E-BAYで1859年の海外のアンブロタイプ肖像写真を手に入れました。

研究資料です。

日本の独特なベタな感じ?「私が目指している」

と違いライティングの緻密さに

ほれぼれします。当時の青年実業家という事でしょうか

人の写真は魂が入ってる気がして自称霊感の強い私は苦手なんですが

これはうちに来てほしいと直感で思いました。

なぜかニスが塗って無く 丸い縁取りは金属マットとの接点の

化学反応でしょうか?乳剤面が手前に来てあります。

ニスが一般的ではなかったのでしょうか?

ニスもないのに四隅の茶色はなぜでしょう?謎が深まるばかりです。

初めアルミプレートのTINTYPEかと思いましたが

フレームから外すと透明なガラスでした。

色ガラスでもなく普通のガラスでこのクオリティ。うーん。すごい!!

レンズの解像度とサイズが小さいというのもあるのかも。

夜はこれをおかずに焼酎ですね。

 

 

 

 

 

 

| - | 10:39 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
ベストカップル

地元千駄木界隈でベストカップルと言われてる

原夫妻が結婚2周年記念に写真館に来てくれました。

お二人かっこいいです。感謝!

お幸せに!!

レンズは、偽エミールブッシュ。

| - | 10:32 | comments(0) | - | - | - |
アート大阪用 鶏卵紙

アート大阪用の鶏卵紙 1枚だけ間に合いました。

 

題して 日暮里写真。 

仲の良い近所の甘味屋さんのくずもちの包装紙を使いました。

きちんと金調色をしたので長く持つように願います。

 

鶏卵紙は薄くなければいけない?これもクリアしてると思います。

 

アートは高尚なものであると同時に庶民のものでもあるべき、

テストを見せた友人の言葉です。

 

昔浮世絵は庶民の娯楽で、新聞紙のように輸出用の陶器などを包んでて海外に出回り

それを見たゴッホ等画家たちをを魅了したと聞きました。

 

こういう歴史を重んじて、普段何気なく捨ててる包装紙、

横浜写真ではなく日暮里の花屋さんなので日暮里写真です。

 

 

| - | 21:34 | comments(0) | - | - | - |