CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Barn
Barn (JUGEMレビュー »)
Fi McGhee, John Pawson

これは大好きな写真集です。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ライトアンドプレイス湿板写真館です。

明治維新の古典技法湿板でポートレートを御撮りします。





タイトルページではリンク設定ができないのでHPへは 
記事の右側のPosted by lightandplaceをクリックするか

http://www.lightandplace.com/をコピーしてお使いください。


Copyright Takahiro Wada. All Rights Reserved.
明治時代のレンズの整備


先日1866-1910に作られたレンズで撮影してみました。

逆光や、炎天下など湿板に合わない設定だと暴れますね。

 

昔の人は撮影に適した設定で撮影したと言う事を認識しました。

 

写真は明治時代のカメラに取り付けるアダプターを製作中です。

 

 

| - | 18:45 | comments(0) | - | - | - |
まちだ交遊録2が上がりました。

まちだ交遊録2が掲載されました。

 

まちだ交遊録2

| - | 18:49 | comments(0) | - | - | - |
常連様からいろいろいただきました。

常連のお客様からまた古い着物や履物を沢山いただきました。

撮影用に使ってといただきました。感謝です。

まだ整理できてませんが少しお披露目です。

布地で織ってある草履、部屋履きでしょうか?

初めて見ました。昔はこういうものを作る方がいたんですね。

私がヤフオクで探したものも含めこんな感じです。

 

うちの写真館は、いろいろな取材にも言ってますが

本当に周りの方々に支えられて営業できています。

 

いつの間にか明治大正時代の発展途上の写真館みたいな

方向性ができてきました。

お客様から学ぶことばかりですがまだ続いています。

よろしくお願いします。

 

 

 

| - | 11:23 | comments(0) | - | - | - |
旅するミシン店さんを湿板で

谷中のホテルHanareさんのロビーにご厚意でうちの湿板を飾らせていただいてます。

今月はご近所の旅するミシン店さんが登場です。

 

夏らしく浴衣で来ていただきました。

 

店長からのお知らせは下記です。

谷中散策の方々よろしくお願いします。

 

台東区立朝倉彫塑館の並びにあるブックカバー店です。

店長はイラストレーター・デザイナーとして活動している植木ななせです。

手づくりブックカバーをはじめ、

旅するミシン店の製品には店長が描いた動物のイラストが入っています。

店名は「旅のお供になるもの」をつくりという願いと、

店長の実家がミシン店であることから名付けています。

お出かけのお供になるような、親しみやすくて使いやすい日用品づくりを目指しています。
 

旅するミシン店

| - | 16:30 | comments(0) | - | - | - |
まちだ交遊録に掲載されました。

地元の友人でマツコの知らない世界でも取り上げられたスノードームコレクターの秀さんより

紹介された3丁目の夕日の漫画にコラム連載もしていた

古いもの好きの町田忍さんが記事にしてくれました。

 

まちだ交遊録

 

| - | 10:09 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
まちだ交遊録に掲載されました。

地元の友人でマツコの知らない世界でも取り上げられたスノードームコレクターの秀さんより

紹介された3丁目の夕日の漫画にコラム連載もしていた

古いもの好きの町田忍さんが記事にしてくれました。

 

まちだ交遊録

 

| - | 10:07 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
INDUSTER-51レンズは45年後でこんなに変わる。

 

 

当店は古いカメラと古いレンズが売りになってきてますが

当初はペッツバルやトリプレットが買えずに

ボシュロムテッサー、INDUSTER-51「カラーコーティング」の

もので撮影していました。INDUSTER-51新しいものだと1万円しないけど

すごい描写でした。下記写真がそう、」1975年製造

で今回1930年製造のINDUSTER-51を手に入れました。

ノンコーティングが欲しくなお8x10をカバーする。

そして描写もよい。わくわくして買いましたが、

この時代は絞りがないんですね。見落としました。

スタジオでは開放しか使わないので良いですけど。

どうにか後玉を外して中に絞りを入れたいです。

外す器具を取り寄せ中です。

 

追記、モノクロコーティングでした。

 

| - | 12:15 | comments(0) | - | - | - |
青森県の老舗写真館で湿板テスト

2年前に古い友人の3代続く写真館から湿板を始めたいと連絡があり、

今回やっとシステムを教えることができました。

七戸の写真の奥山さん 。


 

70年前くらい前の木製アンソニーがあり西日の入る昔からの高級写真館です。

 

 

窓からの光と持って行ったうちのライトを合わせてスタンダードな感じです。

奥山さんフレーミングも最高、ライト環境もうらやましいです。

写真はライティングも重要だと私は思っています。

そして家から持って行ったライトだけ、斑がうちのお家芸?

うちの写真館によくある感じ?

ファッションやアー写で求められてる感じになりました。

自分は湿板だとこんな感じにうつるんですね。

 

準備不足で

ニスに埃が舞うというアクシデントもありましたが

一通り伝えられたかな?

湿板写真館が増えればいいですね。

奥山様、お疲れさまでした。そしていい機会を感謝です。

ありがとうございました。

 

写真の奥山

 

 

 

 

 

| - | 19:34 | comments(0) | - | - | - |
コレクターではなく実用品、

4年前1台のアンソニーから始まった湿板写真館。

カメラがカメラを呼び博物館みたいになってきました。

決してコレクターではなく使えるように修理して大切に使っています。

はじめは自分の意志は30%くらいで町の飲み友達の盛り上がりから始まった写真館も

つぶれずに4周年を経過、今は自分の気持ち100%、今も手探り状態ですが

まっすぐに結果を出していこうと思います。

 

| - | 10:21 | comments(0) | - | - | - |
目がテン「明治時代の生活」で当店が

2019年5月28日所さんの目がテン「明治時代の生活」で放映されました。

 

 

| - | 09:49 | comments(0) | - | - | - |