CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Barn
Barn (JUGEMレビュー »)
Fi McGhee, John Pawson

これは大好きな写真集です。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ライトアンドプレイス湿板写真館です。

明治維新の古典技法湿板でポートレートを御撮りします。





タイトルページではリンク設定ができないのでHPへは 
記事の右側のPosted by lightandplaceをクリックするか

http://www.lightandplace.com/をコピーしてお使いください。


Copyright Takahiro Wada. All Rights Reserved.
<< 間間間ベーゴマ | main | 古典写真館への道2 >>
古典写真館への道1
JUGEMテーマ:アート・デザイン
この谷中 古典写真館への道は 古典写真館を営業したいと四苦八苦するのを
書いていこうと思います。

それは、2009年にこの和製アンソニーが来てから始まった。
ジャンクとして購入、壊してオブジェとして写真展会期に飾ろうと思ってたもの。
しかしスタジオに運び点検すると蛇腹、レンズは駄目だけれども他は動くことが
判明、すりガラスを長岡製作所に切ってもらいに行った所うちで作りましたと店主に聞き
長岡製が判明、

動きの悪かったホルダーシステムも丁寧にロウを塗りスムーズに動くようになって
帰ってきました。もう壊せないなあと思い自分で修理をすることにしました。
まず蛇腹を買うと高いのでネット上の自作サイトをみて
黒ケント紙で折りゴムスプレーで遮光しました。
いつかこれでガラス乾板で撮影したいと今年2014年まで寝かせていました。

ことし良く拝見するPGIでダゲレオタイプの写真展があり、ギャラリーの方に
その旨話したところ坂本竜馬のようなガラス写真なら出来ることを聞き
一気に夢が実現可能に近づきました。

次回に続く。

 
| art | 15:35 | comments(0) | - | - | - |