CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Barn
Barn (JUGEMレビュー »)
Fi McGhee, John Pawson

これは大好きな写真集です。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ライトアンドプレイス湿板写真館です。

幕末写真 明治維新の古典技法湿板でポートレートを御撮りします。





タイトルページではリンク設定ができないのでHPへは 
記事の右側のPosted by lightandplaceをクリックするか

http://www.lightandplace.com/をコピーしてお使いください。


Copyright Takahiro Wada. All Rights Reserved.
<< 日暮里諏訪神社の盆踊りぼんぼり | main | 谷中の雑布 きんじさんを湿板で、 >>
明治時代のカメラが帰ってきました。

ギヤが動かなかった明治時代の携帯暗箱カメラが

長岡製作所の長岡さんの手によって治って帰ってきました。

 

匠いわく使い過ぎでよく動かす場所の木材がすり減っていて

すべて元通りと言う事にはならないそうですが

ピントを動かすギヤだけは動くようにしてくれました。

 

使い過ぎでギアが丸くなっていたとのことで凸凹をひとつずつ

やすりで削って合わせてくれたそうです。

鬼のような時間と匠しかわからない事だったでしょう。

 

カメラが貴重だったころだ何代も使われて

ぼろぼろになって

動かなくなって倉にしまってあったのでしょうか?

想像は膨らみます。蛇腹が朽ち果てかけているので

持ち出されてからはいい状態で保管されてなかったようです。

家に来た時は本当にボロボロでした。

 

全国から修理依頼があり何か月待ちになってる

お忙しい匠なのでこれ以上頼むのは諦めて

蛇腹や、すり減りは自分でどうにかして

年内には使えるようにしたいですね。

「直す方法も聞いてきました。」

 

写真館で使ってるカメラとレンズボードもフロントの形も

似ている。多分同じ長岡製作所の先代が作ったのかも。

 

想像は尽きません。これで外で撮影に行きたいですね。

 

長岡さんに感謝!!!

 

ライトアンドプレイス湿板写真館

 

 

 

 

 

 

 

| - | 09:05 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事